ダイビングライセンスについて

ダイビングライセンス:Cカードとは?

ファンダイビングをするには、ダイビングライセンス(Cカード)が必要です。ライセンスと言っていますが、これは国が発行している免許ではありませんので、正式にはライセンスではなく、Cカードといいます。Cカードの「C」とは、certificateの頭文字で、認定または証明という意味になります。
これは、民間のダイビング教育団体が発行しているもので、あくまでもダイビングの講習を受けたという認定証になります。ですからCカードのない方がダイビングをしても罰せられることはありませんが、それでは危険ですので、Cカードのない方にはタンクや器材の貸し出しを行わないことになっています。
Cカードがない方のためのコースが体験ダイビングになります。
それでは、Cカードがあると何ができるのかといいますと、自分たちだけでバディを組んでダイビングをすることができます。そのためにダイビングのルールや注意点などを学科で学び、道具の使い方や泳ぎ方、トラブルへの対応などを練習します。しかし、Cカードを取得してすぐに自分たちだけで潜るということは、不安もありますし、海のことがよくわかっていないと危険です。そこで資格のある人にガイドをしてもらいダイビングをすることが多くなります。これがファンダイビングになります。

体験ダイビングとファンダイビングの違い:Cカードがあれば、もっと自由に泳げます

体験ダイビングもファンダイビングも、海に潜って魚を見て楽しむということでは全く同じです。ただし、体験ダイビングとは、Cカードのない方、講習を受けていない方のコースですから、ダイビングのルールや器材の使い方、トラブルへの対応ができません。そこで、ダイビングに最低限必要なことを説明し、浅いところで呼吸の練習などを行い、インストラクターがつきっきりでダイビングを行って行きます。ダイビングには、水深によって潜れる時間が変わったり、浮上するときのルールがありますが、それがわかりませんので、体験ダイビングでは、すぐに浮上しても大丈夫な水深までしか潜ることができません。また、波や流れがあったり、コンディションが悪いところでは潜るのが大変ですので、潜れるポイントに制限があります。また、何回体験ダイビングを行ってもCカードは取得できませんので、体験ダイビングの範囲内でのダイビングとなります。
Cカードを取得すると、自分たちだけでもダイビングできるように練習をしていますので、ガイドから少し離れて、もっと自由に海の中を泳げるようになります。トラブルへの対応も練習していますので、安心してダイビングができます。また、水深ももう少し深いところまで行けるようになり、洞窟にも入れるようになりますので、いろいろなポイントで潜れたり、体験ダイビングでは見れないような、いろいろな生物にも会えるようになります。
ダイビングをもっと楽しみたい方は、ぜひCカードを取得してください。

Cカードの種類:発行している団体

Cカードについてですが、Cカードを発行しているダイビング指導団体が日本には40くらいあるそうです。私も全部は知りません。有名なのは「PADI」で、日本の半分以上はPADIだと思います。
これがダイビング指導団体の名前です。では、どこの団体のCカードがいいのかといいますと、どこの団体でも、ダイビングの練習をきちんとしていれば問題ないのですが、海外などに行ったときにそのカードが使えないと困ってしまいます。日本には、「Cカード協議会」というのがあり、下記の団体はそこに加盟していますので、講習の内容もある程度統一されていますし、安全面や海外での利用も問題ないと思います。
・PADI ・SSI ・DACS ・BSAC ・JCS ・Jeff ・KDJAPAN ・Stars ・JP ・JUDF ・NAUI

Cカードのランク

Cカードにはランクがあります。よく勘違いをしていて、Cの次はBカードがあると思っている方もいますが、このCは認定という意味の頭文字ですので、ランクが変わってもCカードといいます。
では、ランクはどうなっているのかといいますと、下記のようになります。ここでは、初級から中級までのランクを記載しています。これより上級のコースやスペシャリティコースなどもありますので、詳しくは各団体のホームページをご覧ください。また、わかりやすいようにPADIの名称で説明しています。他の団体では名称が変わります。

ランク名称 海洋実習回数 水深の基準 ダイビング制限
スクーバダイバー 2回 12m ダイブマスター以上の人と一緒にダイビング可能
オープンウォーター 4回 18m バディでダイビング可能
アドバンスオープンウォーター 5回 30m バディでダイビング可能

通常の初級コースは、オープンウォーターダイバーコースになりますが、講習に2日間かかります。そこで、最近は1日でできるコースとしてスクーバダイバーコースを行っているショップが増えています。これは、時間がない人のために用意されたコースで、1日で終了できますが、ファンダイビングのときは水深の制限が12mとなり、バディでのダイビングはできませんので注意が必要です。スクーバダイバーの方は、学科を少しと海洋実習を2回追加すれば、オープンウォーターダイバーに認定されますので、できれば受講された方がいいと思います。

Cカードのランク:名称の違い

Cカードのランクの説明をしましたが、ダイビング指導団体によりその名称が違いますので、その一部ですが説明します。

指導団体名 エントリーレベル 初級コース 中級コース
PADI スクーバダイバー オープンウォーターダイバー アドバンスオープンウォーターダイバー
NAUI パスポートダイバー スクーバダイバー アドバンススクーバダイバー
BSAC スクーバダイバー オーシャンダイバー スポーツダイバー

このように団体により名称が違いますので、ダイビングの講習を受けるときはどのランクになるのか確認をしてから申し込みましょう。特に初級コースは、オープンウォーターダイバーとスクーバダイバーで内容も料金も変わりますので、ご注意ください。

どのカードなら大丈夫?どこで講習を受ければいいの?

Cカード協議会に加盟している団体のカードなら、国内や海外でダイビングするのには問題ありません。では、どこで講習を受けてもいいのかというとそれは違います。カードは、それを発行している団体の名前ですので、発行しているカードが同じでも、そこに加盟しているショップはいろいろです。よく、どこの団体がいいとか悪いとか言う方もいますが、団体の違いよりも、お店の違いの方が大きいと思います。どこの団体のカードを受講するのか決めるのと一緒に、いくつかのお店に問い合わせを行い、スケジュールや料金、講習内容などを確認するようにしましょう。中には、どこの団体の講習を行うのか表示していないところもありますので、ご注意ください。また、料金に何が含まれているのかも確認した方がいいと思います。教材費やカードの申請料金が別になっていることもありますし、教材がないところもあります。ダイビングの講習は、その団体に登録したインストラクターしかできないのですが、違う団体のインストラクターが行い、カードの発行のみ別のインストラクターが行っているようなところもあります。講習が終わってからカードを選ぶというのは、申込時にどこの講習をするか明示していないわけですから、教材や書式が違うはずなのでおかしいと思います。下記の内容を確認しましょう。

●どこの団体の講習を行うのか初めに表示している。
●講習料金の全額を確認。教材費や申請料など、またボートを使う場合の料金の確認もしましょう。
●どのランクの講習か確認。

初級コースというと、オープンウォーターコースでしたが、今はその前にスクーバダイバーというコースがあります。(団体により呼び方が違うので注意してください)スクーバダイバーコースは、オープンウォーターよりも学科や浅いところでの練習が短く、海洋実習も2回となり、1日でコースを修了することも可能です。そのかわり、潜れる水深が12mまでという規制がありますので、ファンダイビングに行くときは注意が必要です。他の方と一緒に潜れないこともありますので、できれば追加の講習を受けてオープンウォーターレベルにされた方がいいと思います。
ダイビングサービス ジャミングでは、スクーバダイバーの講習もできますが、できるだけオープンウォーターレベルのCカードをおすすめしています。

PADIが本当にいいの?

日本では、PADIのカードが圧倒的に多く、PADIのカードをとりたいといわれるお客さまも多くいます。実際に他のカードを表示したときにインストラクターが知らないことも多くあります。これは、インストラクターは自分の持っているカード以外のことをあまり知らないからです。ですから、インストラクターが知らないから駄目なカードではなく、知らないインストラクターが勉強不足ということです。もちろん私もCカードを確認したときに知らないカードだったこともありますが、その場合は、お客さまの責任ではありませんので、申し訳ありませんという気持ちでお客様に教えていただくようにしています。
実際、数が多いとい言うことでPADIのカードには安心感があるのですが、講習を行う場合は少し違います。PADIはアメリカに本部があり、世界統一基準ですべてを進めていきます。日本のダイビング環境に会わせることがあまりありません。私のお店では、PADIの講習も行っていますが、体験ダイビングと初級コースに関しては、他の団体の内容の方が日本ではいいように思っています。オープンウォーターコースは、バディダイビングができる資格ですからそのレベルまでの内容を行った方がいいのはわかりますが、それだと初めての方には少し厳しい内容だったり、カリキュラムが多くなり、一つ一つがきちんと練習しきれなくなります。日本では、ガイドを付けるダイビングがほとんどなので、バディダイビングに必要なことは、次のアドバンスでもいいように思うのですが、そうもいきません。体験ダイビングに関しては、今の沖縄の体験ダイビングの内容には、ほとんどマッチしていないと思っています。
これからダイビングライセンスを取得したいと考えている方は、PADI以外の団体も考えてみてください。