体験ダイビングについて

体験ダイビングについて

体験ダイビングとは、ダイビングライセンス(Cカード)を持っていない方を対象としたダイビングです。

本来ダイビングは、きちんと練習をしてからの方が楽しむことができますが、一度やってみないことには、なかなかライセンスをとるということはできません。そこで試しにやってみるのが、体験ダイビングです。

体験ダイビングは、水深や動ける範囲などに制限がありますが、やっていることはライセンスのある方と同じです。体験ダイビングだからといって、ただ潜るだけでは楽しくありません。ダイビングサービス ジャミングでは、体験ダイビングでもサンゴや魚がたくさん見られるポイントにご案内しています。初めてでもダイビングを楽しみましょう。

体験ダイビングは危なくないの?

ダイビング自体は、きちんと練習をすれば、無理をしない限り危険はありません。しかし、無理をしたり、コンディションが悪かったりすると危険な場合もあります。体験ダイビングでは、練習がそれほどできませんので、少人数で行い、インストラクターが常にお客様の状態を確認をしていきます。万が一トラブルが起きたときも、インストラクターがすぐに対応できるように、お客さまの顔が見える位置、すぐに手が届く位置にインストラクターがいるようにしていますので、ご安心ください。

体験ダイビングのやり方はどこでも同じではありません

ダイビングは難しいわけではないのですが、慣れるのに時間がかかることがあります。不安感があったり、緊張していると、それだけで呼吸がうまくできなくなります。また、体に力が入り、うまく動けないこともあります。
ダイビングサービス ジャミングでは、お客様が不安に思わないように、丁寧な説明とあわてずゆっくりとした練習を心がけています。お客様がダイビングに慣れて、ご自身で「大丈夫」と思えれば、スムーズに海の中へ入って行くことができます。また、水中でも、お客様が慣れるまではできるだけ手を持ち、お客さまの顔が見える位置にインストラクターがいるようにしています。お客様が慣れて、自分で泳げる場合は、できるだけご自身で移動できるようにもしています。
ただ潜って魚を見るだけでなく、お客様に合わせて、ダイビングを楽しんでいただけるように考えています。

ダイビングサービス ジャミングでは下記のような説明をしています

●呼吸について:マスクをつけると、鼻がふさがりますので、基本的に呼吸は口で行います。初めは少し苦しく感じるかもしれませんので、ゆっくりと慣らしてください。息をしっかりと吐くようにすると楽に呼吸ができるようになります。鼻から息を出してはいけないと言っているところもありますが、そんなことはありません。鼻から息を出してもマスクがずれないように、曇らないように対応しています。

●耳抜きについて:耳抜きとは、鼓膜の外側の圧力と内側の圧力を同じにしてあげることです。飛行機に乗っているときに行っている方法で大丈夫です。やり方は、人により違いますので、その方に合った方法をご案内します。飛行機などでなかなかできない方、体調がすぐれない方は、時間がかかることがありますので、心配な方はお問い合わせください。

●水中でのバランスについて:水中では、陸上と同じように動くことはできませんし、ぴったりと体を止めることもできません。波や流れの影響で、どうしても体が動いてしまいます。また、息を大きく吸っただけで体が浮くこともあります。まずは、陸上とは違うということを認識していただき、多少体が動くのは気にしないようにして、体の力を抜くようにすると楽になります。初めはなかなかうまくいかないかもしれませんが、しっかりと息を吐いて体を水平にしていると安定してきます。バランスがうまくとれないときは、インストラクターが手伝いますので、あわてなければ大丈夫です。

●水中でのサイン:水中ではしゃべれませんので、手信号(サイン)で連絡します。

体験ダイビングのトラブルについて

下記のトラブルについて説明をしていますので、ご参照ください。

●口に水が入る:器材の故障ではありません。レギュレーターという呼吸装置の加え方が悪いと隙間ができて水が入ることがあります。もし口に水が入っても、そのままくわえているレギュレーターの中に吐き出せば大丈夫です。

●せきが出る:口に水が入ったときなどに吸い込むとむせてせきが出るときがありますが、我慢をすると余計苦しくなります。レギュレーターを加えたままで、せきやっくしゃみをしても大丈夫ですので、我慢しないでそのまませきをしてください。せきをすれば、のどに入った水も出ていきますので、あわてないでそのまませきをしてください。

●マスク(水中メガネ)に水が入る:きちんとした位置にマスクがついていると、ほとんど水が入ることはありませんが、口を動かしたときなどに少し水が入ることがあります。マスクに水が入っても、マスクなしで泳いでいるときと同じ状態ですので、、普通にしていれば大丈夫です。インストラクターがすぐに行きますので、それまでの間少し我慢してください。上を見ると、鼻に水が入りますので、注意してください。気になる方は、マスクの上から鼻を押さえられますので、鼻を押さえて少し待ってください。鼻に水が入った場合も、鼻を押さえて2~3秒我慢したら痛みはなくなります。呼吸は口でできますので、あわてないようにしていただければ大丈夫です。
マスクの水を抜く方法は、マスクの上を押さえて鼻からゆっくり域を出すだけです。慣れれば簡単にできますが、マスクの押さえ方が悪いとなかなか抜けないことがありますので、ダイビングサービス ジャミングではインストラクターが対応いたします。口にレギュレーターをくわえていると鼻から息が出しにくいことがありますので、潜る前に確認をしています。

●呼吸が苦しい:初めから苦しい場合は、呼吸がうまくできていないかもしれません。ゆっくりと息を吸って、吐くときは全部吐くようにしてください。しっかりと息が吐ければ、少しずつよくなります。少しでも苦しく感じたら、我慢しないでインストラクターに伝えてください。
途中から苦しくなる場合は、動きすぎが考えられます。短い距離でも頑張って泳ぐと、陸上で走っているのと同じように苦しくなります。水中では常にゆっくりと動くようにしてください。苦しいときは、我慢しないで、早めにインストラクターにお知らせください。一緒に水面に上がるようにします。

●トラブルに関しましては、すぐにインストラクターが対応できるように、お客様から見える位置、すぐに手が届くところにインストラクターがいるようにしています。

ボートとビーチの違い

ビーチからの体験ダイビングは、足のつくところでゆっくりと練習を行い、移動しながら呼吸などの練習ができますので、初めての方や泳ぎが苦手な方でも安心してダイビングができます。ただし、ビーチの場合は、コンディションに合わせてポイントを変更するのが難しくなります。

ボートからの体験ダイビングは、ビーチからでは行くことができない少し遠いポイントや離島のポイントに行くことができ、波の状態やコンディションに合わせて、できるだけいいポイントを選ぶことができます。また、重い器材をしょって歩いたり、水面を長く泳ぐ必要がありませんので、ボートのほうが楽にダイビングができます。
ボートだと、いきなり深いところで潜ると思っている方も多いかもしれませんが、ダイビングサービス ジャミングでは、体験ダイビングに適したポイントをいくつも知っていますので、大丈夫です。また、すぐに潜るのではなく、お客様が慣れるまで時間をかけて練習をするようにしています。

ボートの方が楽でいいのですが、乗船している人数が多かったり、時間の自由が利かない場合はよくありません。人数が多いと、はしごを使えませんので、船べりから海に飛び込むような形になってしまいます。初めての方は、それだけで怖く感じるかもしれません。また、時間の制限があると、浅場での練習が中途半端になりやすく、そのためあまり楽しめないこともあります。慣れている方には大丈夫でも、初めての方には大変な場合もあります。
ボートの乗船時間も注意が必要です。那覇からケラマに渡る場合は、1時間くらいかかります。大きなボートでも疲れますし、波があれば船酔いも心配です。

ダイビングサービス ジャミングでは、ボートで行う場合は、上記のようなことがないように人数の制限を行い、お客様ができるだけ安心してダイビングが楽しめるようにポイントも選ぶようにしています。また、沖縄本島北部では、ボートの移動も長くて20分ですので、移動も楽です。

体験ダイビングは、ボートの方が楽なのですが、船酔いが心配な方はビーチの方がいいかもしれません。また、泳ぎが苦手で足がつかないと怖いという方もビーチの足がつくところからの方がいいかもしれません。
ビーチからだと浅いところしか行かないのではないか、魚もあまり見られないのでは、と思っている方もいるかもしれませんが、沖縄本島北部のビーチは大丈夫です。透明度も高く、魚もたくさん見ることができます。ファンダイビングも行うポイントで体験ダイビングを行っています。北風でも穏やかな崎本部ゴリラチョップでは、ビーチからでも4種類のクマノミに出会えます。ビーチからの体験ダイビングもダイビングサービス ジャミングにお任せください。

青の洞窟と他のポイントの違い

ダイビングサービス ジャミングでは、青の洞窟での体験ダイビングも行っています。

青の洞窟とは、洞窟の半分まで海水が入っている珍しい洞窟です。水面に上がれば空間がありますので、トラブルがあったときも水面に上がれるということで、体験ダイビングでも潜れるポイントとなっています。

ダイビングで洞窟に入ると、独特の雰囲気があり、探検しているような感じでとても面白いと思います。また、洞窟の中から出口を見ると、青く光り神秘的な感じもしますので、本当にきれいでおすすめです。

しかし、誰にでもおすすめかというとそうではありません。洞窟の中は真っ暗ではありませんが、外から入るときはかなり暗く見えます。ダイビングに不安のある方は、暗いというだけで苦しく感じたり、緊張のためダイビングが楽しめないかもしれません。ですから、ダイビングに不安のある方、泳ぐのが苦手な方は、他の明るいポイントでの体験ダイビングをおすすめいたします。ダイビングに不安があるけど、どうしても青の洞窟に行きたいという方は、シュノーケリングはいかがでしょうか。シュノーケリングの方が水面の空間も見られますし、青の洞窟をもっと楽しめるのではないかと思います。

体験ダイビングできれいなサンゴや魚を見たいという方は、青の洞窟以外のポイントもご検討ください。
ダイビングサービス ジャミングでは、沖縄本島北部のポイントで体験ダイビングを行っています。